スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

阪神淡路大震災

2010/01/17 Sun 22:29

お久しぶりです、写真ない上に重苦しいタイトルでごめんなさい(´・ω・`)

今日であの日から15年。
先日のハイチの大震災をニュースで見て思い出したのはあの地震の日。
あの日から地震が起こる度あの日を思い出して必要以上にパニックになってしまったりします。

私は大阪の南出身なのでそこまでの被害は受けていなかったハズなのですが、当時小学5年生で多感だったんでしょうね、きっと。

朝5時台、突然当時いた愛犬チェリーや近所の犬が一斉に鳴き出しました。
「どうしたんだろう?」と子どもの私は起きて窓を見ました。
するとチェリーが毛を逆立てて何かに向かって威嚇しつつギャンギャン鳴いていたのです。

「どうしたの、チェリ・・・」と言い出そうとした瞬間、ズンッ!!とした揺れ。
声に鳴らない声で叫んでベッドにしがみついて泣きながら「お母さん!」と叫んでいました。

私の部屋は1階で、両親は離れの2階。
隣の部屋の扉がバンッ!と開く音がして私の部屋の引き戸を思い切りよく開けて「大丈夫か!!」と兄が飛び込んで入ってきてくれました。

高校生の兄はそのまま祖父母を確認し、玄関の扉を開けにいきました。
私はよく分からないままパニックになりつつも、両親の確認をしようと2階に続く階段に走りました。

階段下に置いてあった本棚が倒壊し、中身は全部出てしまってる状態。
降りるに降りれない母が階段上から「大丈夫!?怪我してない!?」と叫んでいました。
「お父さんは!?」と聞いたら「寝てる!!」と…(;´Д`)
父よ・・・何故寝ていられる・・・(笑)


そのまま祖父母の確認をしにいき、早い朝ごはんとなりました。
余震が何度もあり怖かったですが小学校があったので登校しましたが、午前のみで集団下校に。
家に帰って塀を見たらズレていてヒビが入っていてゾッとしました。
当時の実家は築100年近い木造住宅、石造りの大きな塀でした。

何となーく床がずれているような気がしてビー玉を取り出して玄関に置いてみたら…西の方にコロコロコロー・・・。
あーあ(;´Д`)
家ズレちゃってるよ…。

その日は1日中余震におびえていたような気がします。

当時の私の周りではけが人も死者もでませんでしたが、知り合いの知り合いなどは沢山色んな苦労や悲しみがあったようです。
今この年になって出会う人たちにも話を聞けば当時いろんなことがあったり。

どうしてもどうしても忘れることの出来ない日です。
小学校の卒業式で神戸震災の歌を歌いました。
今でもしっかりと覚えていて歌うことが出来ます。

高校生になって兵庫県六甲アイランドに行く機会がありました。
その時、未だ復興できていない倒壊しかかったビルとボコボコになったコンクリートを見て絶句しました。
「あれからもう何年も経ってるのに…」と。
兵庫と大阪は近いですが全然違うんだな、と痛感しました。


あの日あのとき、たくさんの人がかけがえのないものや人を失ったことだと思います。
願わくば、あの日から15年経った今その方々が笑顔で暮らしていますように。
これから大切なものを守り続けられますように。

震災で亡くなった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。



暮らし | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。