スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
27.jpg

カゴメのトマトソース缶使用。
二人分だと1缶でちょうどかな?

茄子ときのこ(しめじ、エリンギ)を炒めておき、トマトソースをそのフライパンの中にいれる。ぐつぐつ。
パスタがゆで終わったらそこにぶちこむ(´∀`*)
オイルを入れて、フライパンをふる。

イタリアンパセリをちらして、出来上がり☆
暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)

いつぞやの夕食

2009/02/03 Tue 08:52

28.jpg

・レタスとトマトの海苔サラダ
・北海道のほっけ
・白菜のとろとろたまごあんかけ
・きんぴらごぼう
・白ご飯
暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)

桃のタルト

2009/02/03 Tue 08:51

30.jpg

29.jpg


去年の夏、沢山白桃をいただいたときに作りました。
タルトを焼いて、その上に桃のジャムを塗り、カスタードクリームを真ん中が高くなるようにしておいて。
新鮮な白桃を並べてセルフィーュ(チャービル)で飾りつけ。

夏の爽やかスイーツの出来上がり。
暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)
86.jpg

87.jpg

いい感じに割れてしっとりと焼きあがりました~v('ω'*v)
ラップに包んで1日冷蔵庫で寝かし
常温に戻した後に生クリームを添えて、召し上がれ。



■クラシックショコラ■ 【15センチスポンジ型1台分】

・クーベルチュールチョコレート(私は大東カカオのオーレを使用) 60g
・無縁バター(私は四葉の無塩バターを使用)

・卵黄 40g
・グラニュー糖 40g

・生クリーム(私 35g

・ココア(ミルクココア等ではなく、砂糖が入っていないココア♪) 35g
・薄力粉 12g

・卵白 90g
・グラニュー糖 42g

【仕上げ用】

・生クリーム 適量
・くるみ(キャラメリゼしたほうが美味しいです☆)
・お好みで粉砂糖(なかないタイプがおすすめ)

1.
湯せんボウルを作る。
事前にココアと薄力粉を混ぜて2回ふるっておく。(大きめの紙の上にふるっておくと、ココアの油脂がボウルにくっつくこともなく扱いやすいですよ)
卵白は小さめのステンレスのボウルに入れて、冷凍庫で周りがシャリっとする程度まで冷やしておく。

2.
別のボウルにチョコとバターを入れて、湯せんで溶かす。
熱すぎる湯せんは駄目なので、火をとめてそのまま保温。

3.
生クリームを湯せんにかけて、人肌にあたためる(指を突っ込んで熱い冷たいを何も感じない温度が人肌です)

4.
少し大きめのボウルに卵黄とグラニュー糖を混ぜ、混ぜながら湯せんにかける(砂糖が溶けて混ぜやすくなりますが、卵黄のみなので湯せんが熱すぎるとスクランブルエッグになるのでご注意を!)
混ぜやすくなったら湯せんからはずし、少し白っぽくなるまで混ぜる。
真っ白にはならないので、黄色!!だったものがほんの少しクリームがかるような色になればOKです。

5.
2のチョコとバターのボウルを湯せんで温めて40度にします。
温度計がなければ、指を突っ込んで「少し温かい」と感じる程度の温度です、お風呂の温度を思い出すのがいいかも。
あたたまったら、4のボウルに加えて空気を含ませないようにして泡だて器で混ぜる。
空気を含ませないためには、斜めにしてガシャガシャ混ぜるのではなく、ボウルは机の上においたまま、泡だて器を縦にしてゆっくりと混ぜる。
バーミックスなどがあれば、それで混ぜるのもよいです。

6.
5のボウルにココアと薄力粉を事前にふるっておいたものを入れて、ごむべらで混ぜる。
泡だて器で混ぜると、生地が固めなので沢山泡だて器に生地がついて扱いづらいです~。

7.
冷凍庫で冷やしておいて、シャリっとなった卵白を取り出す。
卵白にグラニュー糖をほんの少しだけ加えて、ハンドミキサーの高速で角が立つまで泡立てます。
そこからはハンドミキサーで混ぜながら、左手で少しづつ何度もわけて残りの砂糖を入れて混ぜていきます。
かなりあわ立てて、ハンドミキサーを持ち上げたときにもったりと絡みつくような重くて固いツヤのあるメレンゲを作ります。

8.
6のボウルに、泡立てたメレンゲをほんの少しだけとってゴムベラで混ぜる。(ぐりぐり混ぜてOK)
こうすることによって、その後本格的にメレンゲを入れる際に混ぜやすくなります。

9.
残りのメレンゲを3回にわけて、ゴムベラで切るように大きく混ぜ合わせる。練らない。
ツヤが出たらOK,混ぜすぎない。

10.
型に紙をひいて、流しいれる。
かなりもったりとした重い生地なので、流しいれるというよりはゴムベラで落とす。
どっしりとしてるので、へらで表面を平らにする。
真ん中が盛り上がりすぎないようにする。

11.
電気オーブンの場合(私の家はヘルシオです)
180度で26分くらい焼く。
オーブンによって時間は差が出るので、25分経過あたりからオーブン前ではりついてるほうがいいですよv('ω'*v)
焼き上がり時間手前に、竹串で割れてる部分をさしてみて竹串に少しホロっと生地がつく位になればOK。
何もつかないのは焼きすぎです。

12.
焼きあがったら網の上に取り出し、すぐ型とまわりの紙をはずして冷まします。
冷めると中心の上がってる部分がさがってきて、表面がますます割れます。
ある程度冷めたら、ラップに包んで冷蔵庫で一晩寝かす。

13.出来上がり直後よりも、一晩から1日おいたほうがしっとりとして美味しいです。
大体冷蔵庫で1週間程度持ちます。
冷凍だと2~3週間、自己責任でお願いします(ノ゚ω゚)ノ

トッピングに粉砂糖をふってもいいし、私のように生クリームを添えても美味しいです。
私の添え方は、カレースプーンに熱湯をかけて熱くした状態で生クリームをすくい、表面を丸くした後カットしたケーキの上にポロンッとおいています。
ミントやイチゴを添えてもかわいいと思います☆
暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)

2月1日 ナッツクッキー

2009/02/03 Tue 07:51

85.jpg

専門学校時代に編み出した(?)自分好みの配分のナッツクッキー。
さっくさくです。

実家にいた頃はガスオーブンだったので無問題でしたが、結婚してからはヘルシオ・・・電気オーブンです。
焼き色や食感も違うし、ガスオーブンが恋しいです(´;ω;`)

クッキーはまだしも、ジェノワーズやマドレーヌを焼いた時がガスオーブンの偉大さをモロに実感するなぁ。

専門学校時代の写真(*'ω')
09.jpg

らっぴんぐーv('ω'*v)
16.jpg
暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)

2月2日 本日のお弁当

2009/02/03 Tue 07:44

88.jpg

☆だしまきたまご
★ピーマンとじゃこのきんぴら
☆蒲鉾の出し醤油炒め
★ミニトマト
☆大葉ささみチーズの春巻
★簡単デミグラスソースの手作りミニハンバーグ

もっと綺麗にできないものかしらー・・・。
周りにサニーレタス置いたらもうちょい見た目華やかになるかな??
暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)

2月3日 本日のお弁当

2009/02/03 Tue 07:43

89.jpg

★ささみチーズ
☆ミニトマト
★グリーンリーフ
☆たまツナサラダ
★ほうれん草とコーンのバター炒め
☆ハートのだしまきたまご
★ウインナー
☆絹揚げの醤油風味
★水菜と蒲鉾と人参の炒め物


眠いにょーん∩( ´∀` )∩
今日はバイトです~。

本日は節分ですね。
家帰ってきたら恵方巻き作らなくちゃだっ!
恵方巻きっていっても、ダンナがかんぴょうとか高野豆腐あんまり好きじゃないので(好き嫌いごっつい多い悪い子><)カツやたまツナサラダを巻いた、単なる巻き寿司にしようと思います~v('ω'*v)

今年の方角は東北東ですよー!
皆さん今年も無言で東北東むいて無言で巻き寿司食べきりましょう(笑)

これは私の地域での風習なんですが(関西の風習らしい?)最近は全国に広まってるそうですね~!(。・ω・)ノ
寿司屋の陰謀なのかしらん(´∀`)

節分に寿司を外注する人がどんだけいるのかはしりませんが・・w
実家でも毎年手作りだったので、私も手作りしまーす(ノ゚ω゚)ノ
暮らし | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。